2022年05月22日

どろんこクラブ しろかき

5月22日(日)、どろんこクラブでの最初の作業である「しろかき」を実施しました。
「しろかき」とは、田植えをする前の作業のひとつで、田おこしをした田んぼに水を張り、土を細かく砕いて平らにする作業です。
どろんこクラブでは、メンバーのみなさんに素足で田んぼに入ってもらい、スコップなどで作業をしてもらいます。

最初は恐る恐る田んぼに足を踏み入れていた子供たちも、最後には自ら泥まみれになるなど、どろんこクラブにふさわしい働きぶりを見せてくれました。

IMG_1597.jpg

IMG_1605.jpg

田んぼに生息する生き物を見つけて大はしゃぎ!
追いかけることで、田んぼがよく耕されたようです。

kaeru01.jpg
↑田んぼに生息するカエル。

IMG_1593.jpg
↑カエルを捕まえてご満悦のメンバー。

最後はみんなで写真を撮って終了です。
みなさんおつかれさまでした!

IMG_1610.jpg

さて、来週はいよいよ田植えです。
楽しみですね!


この日の「しろかき」の様子は、古河ケーブルテレビの番組「古河キャッチ」内で、
5月23日〜5月25日
7:00、10:00、12:00、17:00、19:00、22:00
(一挙放送は5月29日)
に放送されます。
ぜひご覧ください。


(SAT)





posted by 古河公方公園 at 12:31| どろんこクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月21日

アレチウリ駆除活動

5月21日(土)、市民協働で特定外来生物アレチウリの駆除を行いました。

IMG_1570.jpg

アレチウリは、繁殖力が強く、一つの茎から多くの種子を実らせます。
多いときは、一株で25,000個以上の種子を付けていた例もあるとのこと。
この公園の南側でもアレチウリが繁殖しており、周囲に生えている在来の植物を駆逐してしまう恐れがあります。
そのため古河公方公園では、環境保全活動の一環として、種子をつける8月下旬までにアレチウリの駆除を行っています。

アレチウリは、芽を出したばかりの5月から6月のまだ小さい状態であれば、根っこごとすぐに引き抜くことができます。
この方法だと、どなたでも簡単にアレチウリを駆除することが可能です。

IMG_1572.jpg

今回は、ボランティアの方にもご参加いただき、特定外来生物のアレチウリのほか、要注意外来生物のオオブタクサも一緒に駆除しました。

IMG_1574.jpg

みなさま、ご協力ありがとうございました。

(SAT)





posted by 古河公方公園 at 12:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月01日

どろんこクラブ 播種

どろんこクラブの田植えで使用する苗作りの様子(前回の続き)をお伝えします。

5月1日、種もみから芽が出たので、土に種もみを播く「播種(はしゅ)」の作業を行います。
用意するのは苗を作るための容器、土、スコップ、じょうろです。

まずは容器に土を入れます。
容器の底から3〜5cmくらいの高さまで土をいれて、平らにならし、一回水をかけ、土を湿らせます。

IMG_1255.jpg

そこに、先日芽を出した種もみを播きます。

IMG_1257.jpg

容器にまんべんなく播き、その上から土を被せます。

IMG_1262.jpg

土を被せたら、土から芽が飛び出さないよう、静かに水をかけます。

IMG_1264.jpg

十分水がいきわたったら完成!
しばらくは日に当てず、土から芽が出てくるのを待ちます。
その間、いつも土が湿っている状態にしておきます。

芽が出てくるのが楽しみですね!

(SAT)








posted by 古河公方公園 at 15:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月30日

どろんこクラブ 種もみの浸種

4月24日に令和4年度どろんこクラブのオリエンテーションを行いました。
そのときに、メンバーのみなさんに、田植えで使用する苗を作ってもらうため、種もみを配布しました。
管理事務所でも、メンバーのみなさんと同じく苗を作る作業を行います。
その様子を何回かに分けてお伝えします。

まずは、種もみを水に浸け、発芽を促す「浸種」という作業を行いました。

IMG_1190.jpg
↑種を水に浸けると青緑色の薬剤が溶け出してきます。

種もみには、虫や病気から守るための薬剤が付着しています。
水に浸けるとその薬剤が溶け出して水が青緑色に染まります。
この状態で3日間そのままにしておき、4日目に水を取り替えます。

4日目からは、水が腐らないよう、こまめに水を取り替えます。

IMG_1249.jpg
↑ 6日目の種もみの様子

現在6日目ですが、どうやら芽のようなものが出てきました。
次回は種もみを土にまく作業をお伝えします。

(SAT)


posted by 古河公方公園 at 15:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月10日

春の植物観察会

4月9日(土)、令和4年度春の植物観察会を実施いたしました。

IMG_1128.jpg

講師を務めるのは、もりもりクラブの川田いつ子さん。
園内を散策しながら、ニリンソウやスミレの仲間のほか、たくさんの春の植物について興味深い話を教えていただきました。

IMG_1123.jpg

野原に咲く小さな花を探したり、「ツピーッ、ツツピーッ」と鳴くシジュウカラの声に耳を傾けたりなど、参加者のみなさんにとって、自然の営みを思う存分満喫できる観察会になったのではないでしょうか。

次回、夏の植物観察会は7月9日(土)です。
おたのしみに!

(SAT)


posted by 古河公方公園 at 15:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする