2019年11月08日

あおぞら教室

公園で実施している「あおぞら太極拳教室」「あおぞらヨガ教室」の後期日程が、6日、7日をもって無事に終了しました。


両教室とも9月から週1回ずつの全10回、台風や大雨もありましたが、1度の延期等もなかったのは奇跡的です。


DSC07258.JPG

PB060358.jpg

PB070421.JPG

PB070447.JPG

PB060356.jpg

6日の太極拳教室の最後には、講師の中川先生から参加者のみなさんに以下のメッセージが送られました。

「不怕慢只怕站」(プー・パー・マン・ジー・パー・ジャン)

中国の言葉で、「遅いことは心配しないが、立ち止まるのは心配である」という意味だそうで、つまりは「継続は力なり」とのこと。

その言葉もあって・・・、というわけではありませんが、公方公園では来年度もあおぞら教室を実施予定です。日程等も概ね今年度と同様に、前期が4月下旬から7月上旬、後期は9月上旬から11月旬、それぞれ開始の2、3週前から受付を行う予定です。

詳細については、広報古河や公園ホームページ、タウン誌等でお知らせいたします。

今回ご参加されていない方も、ぜひ公園のあおぞらの下で体を動かしてみませんか。
みなさんのご参加、お待ちしております。

(伊)
posted by 古河公方公園 at 11:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

清掃奉仕活動

本日は「連合茨城古河地区協議会」の皆さんが毎年行っている清掃奉仕の活動日でした。

IMG_9229.JPG
↑約100名ほどの方が、公園を隅々まで歩き回ってゴミ拾いをしてくださいました。

IMG_0886.JPG
↑子供たちもビニール袋を片手にゴミ(たまにどんぐりも)拾い! 

IMG_0899.JPG
↑古河公方公園にはゴミ箱が設置されていないので、ゴミは持ち帰りが原則です。
利用者のマナーと毎日の清掃作業によって、きれいに公園が保たれています。

IMG_0904.JPG

公方公園は市外からもたくさんの人たちが訪れます。
来園される皆さまが、お互いを気遣いながら利用していくことで、
より美しく、より自由な公園になっていけたらいいですね。

連合茨城古河地区協議会の皆さん、本当にありがとうございました

(文:う、文責:ターキー)

posted by 古河公方公園 at 13:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

どろんこクラブ「脱穀」体験!

本日はどろんこクラブの活動日でした。

この日の活動内容は、前回収穫した稲から籾(実の部分)を取り除く「脱穀」です。
どろんこクラブでは昔ながらの農機具を使って、脱穀体験を行っています!

IMG_0776.jpg
【足踏式脱穀機】(※写真手前)
稲から実の部分を取り外すときに使う農機具で、明治時代に中国から伝わり、大正時代には日本の一般的な農家に普及したそうです。

【唐箕】(※写真奥)
江戸時代に中国から伝わった農機具で、風力を起こして籾や藁くず、小さいゴミなどを選別できます。地域によって形態に違いはありますが、東日本では写真のような縦長で多脚型が一般的だったようです。

PA200189.jpg
↑まずは「足踏式脱穀機」の登場。踏板を踏むと、針金のついた円筒状の‶こぎ胴”が回転するので、そこに稲を押し付けて穂から籾をこそぎ落とします。


IMG_0808.jpg
↑続いては「唐箕(とうみ)」の出番です。
脱穀した籾には、稲の葉や藁クズが混ざっているので、唐箕の中で起こした風の中を通過させることで、重い籾は下に落ち、軽い藁くずやゴミは遠くに飛ばされていきます。

さらに唐箕で取った籾を、また「ふるい」にかけ、丁寧に藁くずを取り除いていきます。
こうした地道な作業によって「籾」が収穫できるわけですね。

ちなみに収穫した「籾」は種としての機能も残っているので、別名「籾種」ともいい、
どろんこクラブでは、この「籾種」の一部も使って毎年お米を作っています!

PA200198.jpg

今年は大型台風があったり、カルガモに食べられてしまったりで、ずいぶん稲の収穫量が減ってしまいましたが、その分、農家の方が苦労して作ってくれたお米のありがたみがよくわかりました!

子供も大人も、普段はできない貴重な体験にイキイキと参加していました!

さて次回のどろんこクラブは収穫祭! 苦労して作ったお米を「おにぎり」にして食べます。楽しみですね

(文:う、文責:ターキー)
posted by 古河公方公園 at 14:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

また狂い咲き

夏のハナモモに続いて、また狂い咲きを発見。


民家園のシャクナゲ。

PA170167_シャクナゲ狂い咲き.jpg

PA170166_シャクナゲ狂い咲き.jpg


こちらはオトメツバキ。

PA170169_乙女椿狂い咲き.jpg

PA170168_乙女椿狂い咲き.jpg

どちらも常緑樹ではありますが、花期は春です。

ここ数か月は寒暖を繰り返していましたので、植物もリズムが崩れているのかもしれません。

寒くなってきましたので、皆様も風邪などひかないよう、お気をつけください。

(伊)
posted by 古河公方公園 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

台風去って・・・

先日の台風19号は、各地で大きな爪痕を残しました。

古河市では、利根川、渡良瀬川、思川が危険水位を超え、13日深夜には市内広範囲に渡って緊急避難指示が発令され、眠れない夜となりました。
川は幸いにも氾濫や決壊には至らず、公園自体の被害も数本の倒木のみにとどまり、現在はいつもと変わらない公園となっています。


台風とともに慌ただしく3連休も終わり、季節はすっかり秋。朝も寒いくらいになってきました。

花の少ない時期ですが、園内を周ると季節を感じることができます。


中山台ではキンモクセイが満開になりました。

PA170162.jpg

管理棟まで香りが漂ってきます。

PA170159.jpg


春に花を咲かせたハナミズキには、赤い実がたくさん。

PA170156_ハナミズキの実.jpg


コキアもだいぶ色づいてきました。

PA170164.jpg


コキアの隣、アカバナソバも綺麗です。

PA170163.jpg


被災された方々および被災地の、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

(伊)
posted by 古河公方公園 at 12:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする