2022年09月26日

どろんこクラブ 稲刈り

9月25日(日)、どろんこクラブでホッツケ田の稲刈りを行いました。

IMG_2972.jpg

度重なる台風の影響でぬかるみが残ってはいたものの、当日は天気も良く、なんとか稲刈りを実施することができました。

IMG_2990.jpg

IMG_3016.jpg

最初のうちは、ぬかるみに足をとられ、慣れない作業に戸惑いながらも、次第にペースアップ!
想定よりも早い時間で稲刈り作業を終えることができました。

IMG_3008.jpg

IMG_3022.jpg

稲を刈り終わったら、今度は刈り取った稲を干すための『稲木(いなぎ)』につるす作業です。
刈り取った稲を束にして麻紐で縛ります。
縛った稲の束を半分に分けつつ、縛った部分を起点にハサミのように捻ります。
それを稲穂が下になるように稲木につるし、天日干しにします。
この工程を『稲架掛け(はさがけ)』といいます。
稲架掛けには、お米を追熟させて、おいしいお米に仕上げる効果があるそうですよ。

IMG_3038.jpg

最後にカモが稲を食べてしまわないようネットを掛けて、この日の作業は終了です!
みなさんおつかれさまでした。

IMG_3033.jpg

次回、10月16日(日)は、いよいよ最後の作業『脱穀』です。
おたのしみに!

(SAT)







posted by 古河公方公園 at 11:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月10日

秋の植物観察会

9月10日(土)、もりもりクラブの川田いつ子さんを講師に迎え、令和4年度秋の植物観察会を実施しました。

植秋1.jpg

夏から秋へと変化が見え始めるこの季節、公園の植物も様々な表情を見せ始めます。

植秋2.jpg

この時期は、花はもちろんのこと、実もなる時期です。
水辺や森の中など、様々な場所で多くの発見がありました。

ウド.jpg
↑ウドの花

シロバナサクラタデ.jpg
↑シロバナサクラタデ

キクイモ.jpg
↑キクイモ

ゴンズイ.jpg
↑ゴンズイの実

森の中の『落ち葉だまり』がカブトムシの幼虫によって土に還っていく様子を目にしたりなど、自然と植物との関係を体感できる観察会となりました。

次回、令和4年度冬植物観察会は2月25日(土)です。
お楽しみに!

(SAT)


posted by 古河公方公園 at 12:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月28日

二入川に水草が生えてきました

昨年10月に開催された第79回古河公方公園づくり円卓会議の議決により、二入川の水を井戸水から御所沼の水の循環水に切り替えました。
それから徐々に御所沼の泥や砂が二入川に運ばれてモルタルの川底に堆積し、草の種が漂着し、今年に入って水草がちらほら生えてきていました。

二入川1.jpg

夏に入り、ミズアオイという水草が、紫色の花を咲かせました。

IMG_2551.jpg

また、流れが留まる場所にはガマが生えてきました。

ガマ1.jpg

二入川の岸辺のモルタルの隙間からは、ミズワラビも生えてきました。

ミズワラビ.jpg

そして、シオカラトンボの姿もよく目にするようになりました。

二入川は、モルタルで囲まれた上に水深が浅く、タイマーによる抽水制限のある過酷な環境ですが、順応する生物による生態系が生まれているように感じます。
自然の力ってすごいですね。

(SAT)

posted by 古河公方公園 at 17:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月18日

ホッツケ田の管理

どろんこクラブで植えた稲苗に穂が付き始めました。

穂の周りの白いものは花です。稲も花が咲くんですよ。


20220815_092802.jpg


これから穂が熟し、美味しくなってカモに食べられないよう防鳥網を設置します。

杭を打ってロープを張り・・・

20220815_092820.jpg


防鳥網をスタンバイ。両端の青い部分には紐が通してあります。

20220815_100257.jpg


杭にナナフシがいました(^^)

20220815_093136.jpg


全体に網を広げ、地際を園芸用支柱とピンで抑えて完成です。

20220815_122226.jpg

今年は猛暑のため、あまりカモを見かけませんが、ひとまずこれで一安心(^^)

実った稲は、来月のどろんこクラブで刈り取り予定です。

(伊)
posted by 古河公方公園 at 09:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月23日

アジサイのお手入れ(剪定作業)

7月23日(土)、市民協働でアジサイのお手入れ(剪定作業)を実施いたしました。

アジサイは、7月下旬まで、花芽が付くまでに適切に剪定することで、翌年の花付きがよくなります。
また、風通しもよくなり病害虫を予防することにもつながるのです。

IMG_2259.jpg

この公園で活動しているもりもりクラブの川田さんに剪定の方法をレクチャーしてもらいながら作業を進めました。
いざ剪定を始めると、
「剪定してると、夢中になって無口になっちゃうわ(笑)」
と、和気あいあいとしながらもみなさん真剣に作業に取り組んでいました。

IMG_2261.jpg

IMG_2272.jpg

剪定を進めるにつれ、みなさん手際が良くなり、予定よりも少し早く作業が終わりました。

IMG_2277.jpg

今回剪定したアジサイの枝は、参加者のみなさんに挿し木用としてプレゼントさせていただきました。
みなさんご協力ありがとうございました。

(SAT)



posted by 古河公方公園 at 14:47| ボランティア活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする